コエンザイムQ10と加齢の関連性について

細胞

 

60兆を超える細胞のミトコンドリアの中にあると言われるコエンザイムQ10ですが、私たちの体を健康に保つうえで非常に多くの働きをしています。

 

しかし、このコエンザイムQ10は、加齢に伴って減少していく傾向にあります。

 

 

コエンザイムQ10が私たちの体に不可欠であることは、コエンザイムQ10がもたらす多くの効果を考えるとよく理解できます。

 

例えば、

 

  • 新陳代謝をアップさせたり、
  • 必要なエネルギーを作り出したり、
  • 老化を防止したり、
  • さらにはアンチエイジング効果を発揮したり

 

と、実にさまざまな効果を持っているのです。

 

そのため、お酒を飲む機会が多い人などにも効果的な成分で、代謝の向上によって二日酔いなどの症状を改善できると言われています。

 

他にも、仕事がら神経を使うことが多い人にとっても、コエンザイムQ10によって脳細胞が活性化するため、集中力をキープしながらすっきりと頭のさえた状態を維持できるでしょう。

 

 

しかし、上記のように、コエンザイムQ10は加齢に伴って、体の中で作られなくなっていくものです。

 

そのため、どんどん減少していきます。

 

ある報告によれば二十歳代を境に徐々に減少していくとも言われています。

 

それで、体の健康を維持し、いつまでも生き生きとした生活をするためにも、コエンザイムQ10が減るに任せておくのではなく、是非とも積極的に摂取するようにしましょう。

 

一般の食品から摂取できる量には限りがあるため、サプリメントを活用することがいいでしょう。